振袖を個性的に着こなす

シンプルなデザインの振袖を選ぶメリットとは

シンプルなデザインの振袖を選ぶメリットとは 多くの女性から注目されている振袖はレンタルする事も可能になった為、より手軽に着る事ができるようになりました。
しかし、最近では自分用の物を一着持っておきたいと考えている人も増えつつあります。
着付け教室が増えて身近な物になったという事に加えて、一着待っているだけで様々な場面で活用する事ができるのでこのような考えを持つ人が増えました。
振袖を選ぶ際に大切なのが、デザインです。
多くの場合、喜ばしい場面で着用されるので女性らしい華やかなデザインが施された物が多いです。
ですが、華やかなデザインの物は、年齢を重ねていくにつれて上手く着こなせなくなってしまうケースが非常に多いです。
その為、長い間着る事を想定して、購入する場合はできるだけシンプルなデザインの物を選ぶように心がけましょう。
シンプルなデザインの振袖は何回着ても飽きる事がなく、年齢を重ねてもうまく着こなす事ができるという利点があります。
レンタルではなく、振袖を購入する時にはどのような場所にでも着ていく事ができ、年齢を重ねても美しく着こなす事ができるシンプルなデザインの物を選びましょう。

高品格な絞りの振袖

振袖は未婚女性の礼服としても使用できる格の高い着物です。
その振袖の中でも、絞りの振袖はさらに格が高いとされています。
絞りとは、生地を器具や糸で括ったりして、染まらない様にしてから染めていき、柄を作っていく方法です。
総絞りともなると、全て手作業で行われるため大変な手間隙がかかり、技術力も必要となってきます。
振袖においても、総絞りがありますが、他の染めの着物に比べて高価なものとなります。
また着る人を選ぶ着物でもあります。
括っていた部分は少し膨らみ、でこぼこした状態の生地のため他の着物に比べてふんわりとしたシルエットになります。
そのため、元々が細身の人のほうがきれいに着こなすことが出来ます。
また横にボリュームが出やすいため、長身の人のほうが似合うでしょう。
高価なもののため、レンタルで出回ることが少なく、最近では技術者も減ってしまいさらに見かけなくなってしまいました。
伝統的な着物の種類の一つとして残したいものです。