振袖を個性的に着こなす

振袖の寒い!を防ぐには?

振袖の寒い!を防ぐには? 基本的に振袖は重ね着をしているので、思うほど寒いわけではありません。
下着に肌襦袢、長襦袢さらに補正用のタオルを着て、はじめて振袖を着ます。
長く外にいる場合や寒い地方などでは、暖かいインナーを着ると安心です。
着物で寒さを感じるのは、首、腕、足です。
首周りには、厚手のショールやストールをまくといいでしょう。
肩周りまで冷えるときはポンチョもおすすめです。
大判ストールより手荷物になりません。
腕は袖が大きく開いているので、肘まである手袋がいいでしょう。
ネイルを見せたい場合は、指先が出るタイプのアームウォーマーが合っています。
室内に入っても、着けたまま過ごせます。
足には五本指ストッキングがいいでしょう。
足袋をはくので指先がわれている物が合っています。
太もも周りには、あったかハーフパンツもいいですが、タイトな膝上スカートを自作するものおススメです。
手間はかかりますが、トイレで脱ぎ着しても着くずれしにくいです。
伸びる素材を使えば、動作も妨げません。

できるだけコートと振袖は組み合わせない

芯まで体が冷えると厳粛な雰囲気を受け止められないために振袖の上にコートを羽織るのは、できる限り避けるのが無難です。
寒さから身を守る目的を持っていても、忍耐強く振袖を着続けるのが賢明です。
コートを重宝がっていると、振袖の形が崩れてしまいかねません。
往々にして分厚い生地でコートは構成されるので、重さが大いに影響を与えるというわけです。
寒くても辛抱するに越したことはないものの、体調を崩したら元も子もありません。
振袖とコートを密着させないために効果があるのは、着用する場所まで暖房設備が整いなおかつ空間に十分な余裕を持つ乗り物で移動することです。
寒さを感じないで目的地まで進めますし、道中で生地に汚れが付着する可能性を激減させられます。
もう一つの方法で挙げられるのは、会場もしくは限りなく近い地点で着替えることです。
移動時間が短くなれば、その分だけ寒さに身を震わせなくて済みます。
体温を下げない知恵を絞ると生地の健全さが保てます。