振袖を個性的に着こなす

振袖に似合う可愛い成人式の髪型

シンプルなデザインの振袖を選ぶメリットとは 女性にとって二十歳の成人式は非常に意味のあるものです。
それは女性が美しいとされるピークの時であり、また晴れておとなになったことをお祝いする儀式でもあります。
成人式には日本の民族衣装である振袖を身につけます。
華やかで古典的な振袖の場合には、可愛い髪型が良いでしょう。
アップのお団子を出来るだけ頭頂に持ってくると、キュートなイメージを演出できます。
大ぶりなコサージュの様な花をつけることで華やかさがアップします。
しかし成人になって少し大人の色香を演出したければすこしお団子を後頭部の下の方に持って行くと良いでしょう。
三つ編みや編み込みを手でほぐし、ルーズなアンニュイな雰囲気を出すとセクシーな大人の髪型になります。
また古典的な髪型にとらわれず、現代的でモダンにしたければ、髪をおろし、ハーフアップの髪型も良いと言えるでしょう。
華やかな儀式であるためにかんざしや、花などをふんだんにつけて華やかさをプラスし、振り袖に負けないような髪型にすることが大事です。

振袖の髪型に決まりはある?

振袖は未婚女性の第一礼装ですので、髪はきちんとしたまとめ髪にするのが決まりです。
おくれ毛を出さないようにし、清潔感が出るようにしてください。
和装には適度なボリュームのある髪型が似合いますので、振袖とのバランスを考えながら髪型を決めましょう。
ショートヘアの人はそのままでもよいですが、ボリュームを出すかヘアピースなどを使ってアップスタイルにするとバランスが取れます。
また、成人式やパーティーのような場なら華やかな髪型にしても構いませんが、とくに結婚式に招待された場合は、花嫁さんより目立つ事がないようにシンプルな髪型にします。
髪飾りを付けるなら、目立つ物や花飾りは避け、振袖や小物の格に合った目立たないものを選ぶようにします。
振袖の柄色から一色選ぶとまとまりが出ます。
着物は繊細な衣装なので、整髪料で汚してしまうとお手入れが大変です。
着物が脱色、退色してしまう恐れもあるので、ショートヘアやボブヘアの人は、襟足ができるだけ着物に触れないような髪型にしましょう。
髪は、着物を着る前にセットします。