振袖の生地と柄の選び方

振袖の生地について

振袖の生地について 着物の素材は、普段着用とおしゃれ着用、礼装用など、用途によって使う素材が変わります。
「格」と呼ばれるきまりで、昔から普段着用には綿や麻、ウールが使われ、おしゃれ着用や礼装用には絹が使われました。
最近ではこなれたプライスで扱いやすいため、ポリエステルなどの合繊の着物も普段着用やお洒落着用として販売されています。普段着に絹を着ても構いませんが、礼装に綿や麻を着るのは格が合わないのでしてはいけないことになっています。
振袖は未婚女性の第1礼装なので、当然その生地の素材は絹になります。一番華やかで高価なものを晴れ着として着るので、その生地には小さな凹凸があったり、光にあてると分かるぐらいのうっすらとした織り柄が入っているものも多く、更にその上に柄が描かれています。
のっぺりしたフラットな表面に柄をプリントしたものより、織り柄や凹凸がある生地にプリントしたもののほうが、光の反射に陰影が出て、高級感が出ます。
最近では振袖にもポリエステルのものがあります。あくまでお洒落着として、パーティ等には良いでしょうが、礼装として着るには絹を選んだほうが間違いがないでしょう。
着物の好きな人たちは、着物を着ている人を見かけると、ついつい見てしまいます。そういう人たちには、絹かポリエステルかは見ただけで分かってしまいます。式典の振袖には絹をお勧めします。

振袖の柄の選び方

"振袖の柄は大きく2種類に分かれます。昔から続く古風なモチーフ。花鳥風月や宝船、縁起が良いとされるものが書かれたタイプと、現代的で、その時々の着物の流行に合わせて変わっていくモダン柄の2種類です。
モダンタイプは洋風のモチーフだったり、昔なら着物には使わない、ドレスに使うような色が使われていたりします。
どちらを選ぶかは着る人の個性で大きく変わります。洋服とは違うのですが、気分的には普段洋服を選んでいるような気持ちで馴染むものを選ぶほうが無理なく着られます。
きつめの色のほうが似合う人は洋風の色でモダンな振袖や、古典風のものも黒地や赤地が似合うでしょうし、そういう派手なものは若いうちしか着られないので、振袖で着た方がいい。と言う人も多いです。
普段から淡いピンクや水色など、やわらかい色が好きで良く着る人なら、やさしいパステル系の色のものを選ぶとしっくりくるでしょう。
ただ、振袖を購入する場合、モダンタイプには流行があり、時がたつと古臭く見える場合もあります。20代後半になると色がきつすぎて着られなくなった。という話も良く聞きます。
長く着られて、飽きのこないのはやはり古典柄でしょう。レンタルするなら、その時最新の流行で、その時しか着られないものを選べるのもメリットのひとつ。
大胆なものに挑戦するならレンタルがおすすめです。