振袖のコーディネート

コーディネートもばっちりの振袖レンタル

コーディネートもばっちりの振袖レンタル 洋服にもコーディネートがあるように、着物は一枚の衣類であると言っても小物類をたくさん使用するためにコーディネートは重要です。
普段着なれない着物になればどのようにして組み合わせたらいいのか難しいものですが、振袖レンタルでは着物の専門知識を持ったスタッフがすでに組み合わせておいてくれているので、スタイリッシュな着物スタイルを楽しむことができます。
振袖レンタルでは、呉服店や貸衣装店で利用することができます。振袖に合わせて小物類を一つずつ選ぶことができる店舗もありますが、自分で選ぶとなるとどうしても一つの色味に偏ってしまって刺し色がないために全体的にぼんやりとしたスタイルになってしまうことも多いのです。
しかし、プロのスタッフがアドバイスをしてくれるので自分らしい着物スタイルを作ることができます。
振袖レンタルでは、着用後にはそのまま返却できるというのも便利なサービスです。高額になりがちな着物のクリーニング代も含まれた料金であり、保険もついているので万が一の場合にも安心です。

振袖の構造について

振袖は、たくさんのパーツが組み合わさって作られている複雑な構造のものです。大きく分けても表地だけで10個のパーツが組み合わさっています。
また振袖を着るためには、他にも様々な道具が必要です。
まず首元を飾る半衿や伊達衿、帯、帯締め、帯揚げが表から見えるものです。他にも長じゅばんと呼ばれる下着のようなもの、足袋、草履は必ず必要なものです。
振袖を購入する際には、おはしょりの長さや、上前に柄が綺麗に出るように採寸していきます。レンタルの場合は大まかなサイズ分けしかないので、着付けの際に微調整をしていく必要があります。
着物の構造が分かると、どこの部分を留めると着崩れしにくいということや、丈の調節の仕方なども分かりやすいので知っておくと便利でしょう。
他にも、髪飾りや帯飾りなどがあると、よりおしゃれに着こなすことが出来ます。
日常的に着る機会が少ない着物ですが、成人式などで着る時には、他の人と差をつけられるような着こなしをしましょう。